精神科 医師の求人・転職サイト 厳選3社【2万人の成功者が利用した転職支援サービス!】

精神科 医師 の求人事情

精神疾患の患者は増加傾向

厚生労働省の調査によると、
精神疾患 323万人、糖尿病 237万人、ガン 152万人
精神疾患の患者が増加傾向にあります。

 

以下、平成23年厚生労働省の資料より引用いたします。

厚生労働省 社会・援護局障害保健福祉部より引用


引用元:厚生労働省 社会・援護局障害保健福祉部 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigi_shiryou/dl/20110927_04.pdf

 

特に、ここ数年、ガンや糖尿病の患者数を大きく超えています。
うつ病や統合失調症など精神的な問題を抱える患者が増えていることが分ります。

 

第7次医療計画(2018年度〜)において、
継続的な医療提供が必要な5疾病(精神疾患、糖尿病、がん、脳卒中、急性心筋梗塞)について、
国、都道府県を始め具体的な方向性について議論されております。

 

そのため、メンタルクリニックを始めとする医療機関では必要としている人材が不足してきています。
ただ、精神科 医師の仕事は、環境によっては激務による体力・精神的に苦しい職場でもあります。

 

精神科医 仕事忙しい

例えば、

当直業務や休日の呼び出しが多い。
医局のしがらみで、自分のやりがいがない。
休日が全く取れない月もある。
精神科スーパー救急(精神科救急入院料)での激務。
興奮患者の対応が多すぎる。
知識の習得をする時間が取れず、雑務に追われている。
仕事の割に給料が安い。
プライベートの時間が取れず、家族と過ごす時間がない。
当直明けの通常勤務は正直辛い。
時間外の勤務が多く体力的にもたない。

など

精神科医の仕事は大変

条件改善のため、求人を探そうとすると、
希望する条件の医療機関が見つからないということもあります。

精神科医 求人見つからない

例えば、

精神科医募集に直接応募したが、条件が合わない。
精神保健指定医を取得するための施設が見つからない。
面接したが、給与面と勤務時間が釣り合わなかった。
希望する条件の施設が見つからない。
希望の都内某クリニックは、すぐに募集定員が埋まった。
当直なしの施設に転職したい。
諸事情により、Uターン転職したい。
患者数や具体的な症例まで知ることができない。
給料アップの交渉が難しい。

 

など

 

特に、精神科医の仕事は、体力や精神力も求められます。
ですので、体力や精神面で不安やリスクを抱えたままで、仕事を継続することは望ましくありません。

 

それよりも、勤務条件・生活改善を念頭に転職する方が、精神科医の仕事に専念できるはずです。

 

一般の求人検索は、応募側に不利になる理由とは?!

 

精神科医の求人活動を、自分1人で単独でおこなった場合、やはり一番簡単な方法は、ネットでの求人検索です。

 

すき間時間や、ちょっとした空いている時間にスマホで簡単に検索することができます。
その中から気になった募集案件に応募する方法です。

 

スマホ 精神科医求人検索

ただ、この方法の場合、
自分の希望条件・待遇は、十分に改善されないまま終わる可能性があります。

 

というのも、自分で検索できる募集要項は、公開求人です。
そのため、他の医師も同じように、同じ求人ページを見ています。

 

募集をかけた医療機関からみれば、
出来る限り医療機関側に有利な条件になる医師に来てもらいたいはずです。

 

ですので、病院施設側の方が決定権が強いわけです。

 

つまり、

一般公開求人 = 募集した医療機関側の決定権が強い

募集条件が全ての基準となり、それ以上の良い条件の引き出しは難しいです。

 

ただ、同じ医療機関の求人募集であっても、求人・転職活動の違いにより、

  • 給料額
  • 勤務体系

条件が変わる場合があります。

 

例えば、ある施設の求人募集があります。
<「精神科 医師 週5日勤務+当直3回/月 1400万」で募集>

通常の求人募集から応募 当直3回/月 週5日勤務 1400万
上記と異なるルートでの応募 当直なし  週5日勤務 1400万

と、通常の求人募集と他のルートで応募した場合では、当直なしの条件に変わる場合があるのです。

 

より有利な条件で転職活動する方法とは?

 

転職活動は、大きく2つに分かれます。

 

1つが一般的な、転職の流れです。

医療機関側の募集 ⇒ 応募 ⇒ 内定

 

もう一つが、

医療機関側の募集 ⇒ 応募 ⇒ 交渉 ⇒  内定

という流れです。この場合、条件が良い方向い変わる可能性があります。

 

つまり、応募時に「交渉」というステップを入れるのです。
交渉とは、募集をしている医療機関側に対して、出来る限り自分の希望や勤務条件を吸収してもらうことです。

 

交渉・リサーチ

事前交渉が成立すれば、より良い条件で内定をもらうことができます。

 

ただ、問題は、誰が交渉するか?という点です。
交渉するためには、条件提示として事前に交渉材料となるリサーチが欠かせません。

 

リサーチとは、他の医療機関の募集状況や業界動向、比較、募集する側の医療環境などを事前に把握しておくことです。

 

また、募集をかけてきた医療機関側に納得して頂く材料や説得力が必要になってきます。
この説得するための材料ををしっかりおこなっていないと、一方的な要求になってしまい、交渉が成立しません。

 

だからといって、精神科医という忙しい業務の傍ら、交渉材料を集や、リサーチの実施は、転職活動を行う上で、大きな重荷になります。

 

交渉、リサーチを代行でおこなってもらうためには?

 

より良い条件で転職するためには、交渉やリサーチが大事なポイントになります。

 

この医療機関への交渉、リサーチを医師の代わりに実施してくれる無料のサービスがあります。
それが、転職支援サイトのエージェント(コンサルタント)です。

 

このエージェントは、精神科医の代行として、

交渉、リサーチ

を実施し、医療機関に対し、給与・勤務条件等を最大限引き上げてくれます。

 

精神科医マッチング

というのも、エージェントは、
病院側の募集要項に対して、求人活動している精神科医の双方をマッチングさせるのが仕事のため、条件等を事前にヒアリングし、医療機関側と予め交渉してくれるのです。

 

ここが、一般の精神科医の求人転職サイトと異なる点です。
これは、無料で簡単にできるサービスですので、使わないと損です。

 

なぜ、無料なのか?ですが、
実は、エージェントサービスですが、医療機関側にもメリットがあります。

 

医療機関側のメリット

募集してきた医師を選別する時間・手間が省ける。
募集を非公開にすることができる。

という点です。

 

つまり、募集する側も忙しい合間を使って面接等をおこなうため、適任者を短期間で紹介して欲しいのです。また、求人内容によっては、欠員のため条件を上げても求人募集したい(同じ施設の医師に知られたくない)場合に、非公開で募集できるメリットがあります。

 

そのため、エージェントの費用を負担してまで募集をかけるのです。
結果、応募する側は無料なのです。

 

メジャーリーグなども、移籍や年俸アップなどの条件交渉にあたり、エージェントが選手に代わり、球団側に働きかけをします。エージェントが付くか付かないかで、勤務条件や給料が全く変わります。

 

非公開求人 = エージェントのリサーチ・交渉力 = 希望する条件で勤務

 

医療機関側と応募側がともにWIN−WINの関係を取り持つことができるサービスなのです。

 

整理すると、

医療機関側のメリット 時間の有効活用がおこなえ、適任者を紹介してもらえる。非公開で求人募集ができる。(有料)
転職活動する側のメリット 条件にマッチした職場探し、リサーチ・交渉を代理でおこなってくれる。(無料)

ぜひ、エージェントを活用することで、一般公募とは違った優位な立場で転職活動をしていきましょう。

精神科 医師の求人・転職支援サイトランキング

ここからは、精神科医に人気の転職を支援する専門のエージェントが在籍するサイトをご紹介します。

 

メディウェル

メディウェル(医師転職ドットコム)の特徴

メリット
全国47都道府県対応
医療機関との条件交渉は、専任のエージェントが全て対応
実績多数:希望条件の達成率94.7%
平均年収アップ率 146.6%
業界最大の精神科医の求人数!
母体は東証第一部のアインホールディングス
匿名性、個人情報厳守で周囲に漏れずに転職活動できる
デメリット
医師免許がないとアドバイスは受けられない。

価格 無料 0円
評価 評価5
備考 東証1部アインファーマシーズグループ会社。業界最大級の求人数!

マイナビドクター

マイナビDOCTOR(マイナビドクター)の特徴

メリット
東京、神奈川、埼玉、千葉エリアに強い
40年以上実績のあるマイナビの医師支援サイト
将来精神科医として開業を目指す方のキャリアサポートもあり。
厚生労働大臣より職業紹介優良事業者に認定
コンサルタントが医療機関に年収、待遇、入職日などを直接交渉
デメリット
主に関東エリア(東京、神奈川、埼玉、千葉エリア)住居の医師限定

価格 無料 0円
評価 評価5
備考 40年以上の実績のあるマイナビのドクター転職支援サイト

M3キャリア

M3キャリア(エムスリーキャリア)の特徴

メリット
20万人の医師会員が登録するm3.comを運営
専任のコンサルタントがサポート
1万人以上が利用する転職支援サイト
条件交渉は全てお任せできる。
デメリット
医師免許は必須。(研修医は登録できない。)

価格 無料 0円
評価 評価4.5
備考 医療専門の業界でも有名な転職支援サイト!

精神科 医師の求人・転職サイトの口コミ

入職後の条件の不一致もなく、満足いく日々!

以前、転職サイトから直接応募した際は、入職後に条件の相違があり、言った言わないのトラブルになってしまいました。その時の苦い転職の思い出がありましたが、専任のエージェントにお願い出来たことで、労働条件が大きく改善できました。精神科医として更に経験を積んでいきたいです。毎日、満足いく日々を送っております。

家族と過ごす時間が増え、充実してます!

精神科医として忙しい日々だったため、家族との時間を最優先したいと考えておりました。土日祝日が休める求人案件を希望しました。求人案件が少ないものと思っておりましたが、大手のメーカー企業で精神科の経験を活かした産業医の募集があることを知り、無事転職を果たすことができました。長期の休暇もとれ、今は家族と有意義な時間が取れています♪

 

>>精神科医に人気の転職支援サイトはコチラ!(完全無料)<<