精神科の年収はどれくらい?

精神科の年収はどれくらい?

精神疾患の代表的なものとして、うつ病、認知症、統合失調症、気分(感情)障害、生理的障害、精神遅滞、心理的発達の障害などがあります。

 

精神科は、心という目に見えない病気を扱う診療科のため、患者さんとのコミュニケーション力が欠かせません。
精神疾患の患者さんの中には、ちょっとした心のすれ違いで自らの命を絶ってしまう方もいます。ですので、その人の人生を大きく左右する仕事でもあります。

 

医師としての決して楽な仕事ではありませんが、それだけやりがいのある仕事ともいえます。

 

精神科医の年収は、

20代:600万〜1000万
30代:1000万〜1400万
40代:1400万〜2000万
50代:1400万〜2000万以上

と年齢を重ねるごとに年収が上がる傾向にあります。

 

また、地域によって年収の差があります。

関東地方、四国・中国地方:1000万以下が30%〜40%程度
それ以外:10%未満

 

関東・四国・中国地方では、1000万円未満の精神科医が多いことから、需要供給のバランスをみても、地域の方が需要が高いと考えられます。

 

ですので、年収を上げようとした場合は、年齢と地域の2つの軸でベストなポジションを探すことも一つの方法です。

 

また、求人情報は、時期やタイミングによっても大きく変わるため、いかに早い段階で優良な情報をキャッチできるかが大切です。

 

特に、医療機関による求人は、ほとんどが非公開であるため、転職支援サイトを活用した求人活動が効率的です。